「りぷりんと」"REPRINTS"とは

  東京都老人総合研究所、社会参加とヘルスプロモーション研究チーム(現在は東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム)では、2004年度より、東京都や厚生労働省の厚生労働科学研究費補助金等の助成を受け、子どもたちへの絵本の読み聞かせを主な活動とした、シニア世代による学校支援ボランティアの養成に着手しました。

 そして、シニアボランティアと子どもたちとの世代間交流が、相互にどのような影響を与え合い、双方にどのような効果をもたらすのかを調査する先駆的研究

 

「世代間交流による高齢者の社会貢献に関する研究」

Research of productivity by intergenerational sympathy

 

を開始しました。

 

この研究の頭文字をとって、"REPRINTS"りぷりんとと命名されました。

 

 


 

 

「りぷりんと」とは文字通り、「復刻版」を意味し、「一度は廃刊になった名作絵本が復刻するのと同じように、シニア世代が自らの人生に再びスポットをあて、その役割を取り戻し、コミュニティの再生のために復刻を遂げてほしい」という願いを込めて命名しました。


「りぷりんと」活動の現状

 「りぷりんと」は、60歳以上のシニアが、ボランティアとして幼稚園や保育園、小学校、中学校をはじめ、高齢者施設など様々な場所で、子どもたちや世代を超えたたくさんの人々に「絵本の読み聞かせ」を行うプログラムです。現在、東京都中央区(りぷりんと・中央区)、神奈川県川崎市多摩区(りぷりんと・かわさき)、滋賀県長浜市(りぷりんと・長浜「じーばーぽこぽこ」)、東京都杉並区(りぷりんと・すぎなみ)、横浜市青葉区(りぷりんとフレンズ・あおば)、東京都文京区(りぷりんとフレンズ・文京)、東京都豊島区(りぷりんとフレンズ・としま)、東京都北区(りぷりんとフレンズ・北区)にて、絵本の読み聞かせプログラムが運営されています。

 

 当初はモデル研究事業、"REPRINTS"りぷりんとのモニターとして開始しましたが、2007年4月からボランティアさんの熱意と主体性から自主運営の任意ボランティア団体として新たなスタートを切り、その後、NPO法人 りぷりんと・ネットワークとして、8地域あわせて約300名以上のりぷりんと会員が、たくさんの学校や幼稚園,保育園、高齢者施設などを定期的に訪問しています。


                 役員

 

理事長 渡邉 晴子(りぷりんと・かわさき)

 

副理事 木村和紀(りぷりんと・中央区)

副理事 猶淳子(りぷりんと・あおば)

副理事 松島康夫(りぷりんと・北)

 

理事 沼田 仁子(りぷりんと・すぎなみ)

理事 西山和子(りぷりんと・すぎなみ)

理事 井上はつみ(りぷりんと・としま)

理事 飯村瑞(りぷりんと・文京)

理事 藤原 佳典(東京都健康長寿医療センター研究所)

理事 安永 正史(東京都健康長寿医療センター研究所) 

 

監事 南 秀郎

監事 小高久美子(りぷりんと・すぎなみ)

 

顧問 佐久間尚子(東京都健康長寿医療センター研究所) 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

【賛助会員】

 

ライフ出版社

エーザイ株式会社

 


りぷりんとが紹介されたサイトなど

  1. 中央区社会貢献活動情報サイトで、りぷりんと・中央区が取り上げられています。
  2. 内閣府高齢社会対策サイトで、りぷりんと・ながはま(滋賀県長浜市)全体の愛称である「じーばーぽこぽこ」としてとりあげられ、社会参加章を授与されました。

「ジーバーぽこぽこ」(滋賀県長浜市):りぷりんと長浜

 

 高齢者の健康づくり・生きがいづくりを通じて子どもの読書の習慣づけや豊かな感性の育成を支援しようとするもので、地域の高齢者がグループをつくり、週に1回程度市内の小学校を訪れて朝の読書の時間や放課後児童クラブで絵本の読み聞かせを行っている。その他にも保育園や幼稚園、デイサービスでの定期的な読み聞かせ会など活動範囲を広げ、また勉強会やメンバー同士の情報交換の場を設け、技術向上に努めている。